創作足袋 千代の松
柄足袋
創作足袋(柄足袋)
 一般に流通したのは白足袋や黒足袋が主流でしたが、高級品として別珍やコールーテン生地の足袋も生産販売されていました。
 近年、外反母趾や足指の健康問題から下駄の効用も見直しされているようですが、若もののファッションでもトンボやさくら、麻の葉、なるとなど、柄足袋の着用が見受けられるようになりました。
日本古来の伝統文化である足袋生産が衰退から再生は、行田市でなければ果たせない事業と考え創作足袋(柄足袋)の製造販売を始めました。足袋産業に携わる技能者が余た後継者に恵まれず技能が埋没、消滅していくのは惜しまざるを得ません。この創作足袋が産業再生の一石になることを願っております。

当店は、楽天にお店をオープンしました。
楽天のサイトよりお気軽にご購入できます。

楽天の「千代の松」のページ